家族葬に関する注意点

費用が抑えられる等、いろいろなメリットのある家族葬ですが、注意すべき点もいくつかあります。参列者を絞って行う家族葬ですから、参列者の選定と参列しない方への配慮が必要になります。事前に近所の人や親戚、知り合い、仕事の関係者には家族葬にすることを知らせておいた方がいい場合もあります。参列をお断りする場合は、弔電や供花、香典はどうするのかを決めてその旨も知らせることが大切です。

また、訃報を知って近所の方や仕事関係の人が弔問に来られた場合の対応なども考えておく必要があります。突如通夜に来られた場合にどうするのか、香典を持ってこられた場合はどうするのかなどあらかじめ考えて、受け取らなければならない場合には、返礼品や通夜料理の準備が必要なこともあります。お断りする場合は丁寧な説明をしなくてはなりません。お葬式の後自宅に来られる場合もあるので、その場合に対しても準備が必要です。香典を受け取った場合は通常と同じで四十九日の法要後に挨拶状とお礼の返礼品を送るようにします。

家族葬はこじんまりしたお葬式ですが、その手順は業者を選定してよく相談する必要があります。家族葬に対する理解が深く、それに対するプランを用意できる業者を選定する方がいいでしょう。インターネット等でいろいろなプランを提示している業社もあるので、サービス内容をよく聞いてどういうスタイルで行うかを検討することもできます。

費用に関しても、できるだけ多くの業者の情報を収集して見積もりをしてもらい、納得のいくまで説明を聞くことが大切です。複数の業者に見積もりを依頼すると、比較検討しやすくなります。