家族葬での葬儀社の選定

葬儀社とはお葬式全体を取り仕切ってくれるものですが、ここでほかの組織との関係を整理します。お葬式に関しては、葬儀社と斉場、火葬場があります。斉場とはお通夜とかお葬式を行う場所で葬儀社が自身で保有していることもあります。火葬場は文字通り火葬をするところですが自治体が運営する公営のものと民間企業が運営するものがあります。公営のものには斉場が併設されているのが一般的です。

お葬式を気持ちよく行うには、それを取り仕切ってくれる葬儀社選びが重要になります。家族葬を行ってくれる葬儀社にも種々の種類があり、葬儀社は地域のものも全国的なサービスを行う大規模のものもあります。葬儀社はインターネットで選ぶこともできますが、病院から紹介されることもあります。病院から遺体を搬送する時に待っていた葬儀社が搬送し、そのままその葬儀社に決まってしまうということもあります。

また互助会系の葬儀社も全国に存在し、生前から会員になり、費用を会費として払っていく仕組みがあるところもあります。家族葬に関しては、葬儀社の選定のポイントとして、まず費用が挙げられます。費用に関してはいろいろなプランを提示している葬儀社もありますが、しっかり要望を伝えて見積もりをしてもらい、納得のいく説明を聞くことが大切です。プランだけを提示して見積もりをしてくれない葬儀社などは要注意です。

次に担当者の接客姿勢が重要です。迅速に丁寧でしっかりした対応をしてくれる人かどうかで選ぶのがいいでしょう。またお葬式の手順や細かい注意、後日の種々の対応の手順等をわかりやすく説明してくれる担当者かどうかが重要です。担当者が次々変わるような葬儀社は避けた方が無難です。