増加する家族葬

家族葬とはどのようなお葬式か

家族葬とはどのようなお葬式か 近年では、家族や親族と親しい人だけを呼んで行う少人数の家族葬を選ぶ人の比率が大きくなっています。家族葬というと家族だけで行うお葬式のように聞こえますが、身内とごく親しい人だけの間で行うもののことであり、普通のお葬式のように誰を呼んでもかまいません。会社役員や有名人に関しては、親しい人や家族のみで密葬を行った後、本葬として会社関連や社会との付き合いの人を多く呼んであらためてお葬式を行うこともありますが、この密葬とは意味合いが少し異なります。

家族葬が増えた原因の一つは、高齢化社会が背景にあり、故人の高齢化により社会との付き合いも減って、参列する人も少なくなっていることが挙げられます。また都会では核家族化により近所の人との付き合いが減って、呼ぶ必要がなくなったこともあります。大規模に親族や知らない人を呼んで行うのでなく、身内だけのお葬式でしんみりと偲びたいという人も増えています。経済的にもあまり費用がかけられないという理由もあります。

多くの葬儀会社では、家族葬を選択する人の比率が上がったため、家族葬に対するサービスを向上させています。通常のお葬式に比較して、かなり低価格のプランを用意して話題になっている葬儀会社もあります。サービス内容にも柔軟性を持たせており、遺族の希望に合わせて自由に選ぶことができます。参加人数によりいろいろなプランがあるので、経済性を考慮したお葬式を行うことができるのが魅力です。

お葬式の流れとしては一般的なお葬式とあまり異なることはなく、お通夜の翌日にお葬式と告別式を行い、出棺や火葬についてもその地方の習慣によりお葬式の前か後を選べるのも通常通りですが、お通夜をせずに一日だけのお葬式や火葬だけのお葬式などもあります。身内や親しい人だけの集まりですから、会社関係の弔問客の対応に追われるようなことはなく、自由にスタイルを考えて、落ち着いてしんみり話し合うのもいいでしょう。またお返しとかお礼といった煩わしいことも少なくなります。家族葬にはこういったメリットがありますが、誰を呼ぶのかといったことなど注意する点も多々あります。日本ではこれまでお葬式には生前にお付き合いのあった人達を多く呼ぶという習慣があったため、配慮が必要です。

また通常のお葬式と同じように葬儀社に依頼するのが一般的ですが、葬儀社の種類も増えて、インターネットで全国的なサービスを行う会社なども出てきており、どういう葬儀社に依頼するのか検討が必要です。お葬式というものは人生の中でそう何回もあるものではないので、初めての方にはわからないことが多く戸惑うことも多いと思います。こういった点から家族葬のさまざまなポイントについて解説します。

最新の情報

  • [2018年10月12日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年10月12日]
    運営者情報を追加しました。